FC2ブログ

もしも小話

アニメや特撮等、筆者の見たものの「もしも~」的な話を載せたりするブログです。無断転載禁止。

石の人魚11

海面が盛り上がり、一気に水が噴き出した。
中からウルトラマンレオがマックシャークを抱えて飛び出した。
レオはそのままそっとマックシャークを海面に置く。
潜航機能を停止させ、外気をタンクに取り込んだマックシャークは海面に浮かんだ。
不意にレオの体が引っ張られた。バイアの髪が両足に絡みついたのだ。
飛ぶ隙さえ見いだせないまま、レオは海底へと引きずりこまれた。大きな泡が幾つも顔にまとわりつき、視界を遮った。
薄暗い海の底で、バイアの両眼が光る。レオは額のビームランプからスパーク光線を放ち、両足に絡みついた髪を切断する。散らばった髪がゆったりとレオの体にまとわりつき、離れていった。
バイアが水を尾で蹴ってレオに襲いかかる。飛んで空中に逃げようとするが、それよりも早く髪が伸びてきて、レオの体を絡め取った。追いついてきたバイアがレオに組みつき、尾で打ち据える。よろけることもできずに海底の岩にバイアの体重ごと押し付けられる。もうもうと砂煙が立った。
バイアがレオの体に爪を立てる。
(この間と同じだ・・・なんとか、なんとかしないと・・・・)
髪の締め付ける力は増〃強くなり、レオの四肢を引きちぎらんばかりになる。
意識が遠のきかけた時、まるで風が吹いたかのように、視界が晴れた。
(?!)
潮の流れが変わったのだ。
【無理に逆らって泳ぐと、逆に溺れてしまうことがあるのよ】
レオは百子の言葉を思い出すと、踵と肘を使ってバイアと自分の位置を入れ替える。体が横になった瞬間、一気に潮に流された。
レオに組みついたままのバイアを、逆に潮の勢いと共に、流れの先の岩場に叩きつける。巨岩が鈍い音を立てて崩れ、バイアの髪が解けていく。
レオはバイアの髪をまとめて引っ掴むと、ジャイアントスイングで振り回し、海上に向かって放りあげた。それを追ってレオも海上に飛び出した。
バイアが放物線を描いて落下してくる。両目の光学観測器が、レオの姿をとらえた。首をあげ、髪を伸ばしてくる。
レオは両手をかち合わせると、振りかぶった右手からエネルギー光球を放つ。
赤い光球がバイアの首を吹き飛ばす。
首なしの人魚に向けて、レオはもう一度、今度は別の光線を放った。バイアの腹が裂け、中に捕らわれていた人たちが、光の玉の中に包まれる。レオはそれを、そっと掌で受け止めた。


スポンサーサイト

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://superultra.blog122.fc2.com/tb.php/75-53a92186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad