FC2ブログ

もしも小話

アニメや特撮等、筆者の見たものの「もしも~」的な話を載せたりするブログです。無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石の人魚6

海面から飛び出したレオは、空中で回転して海中にいる灰色の化け物の頭部にキックを喰らわせた。だが水の抵抗は思ったよりも強く、キックの威力を殺してしまった。
海中に入ったレオは振り向きざまに化け物に向かって構えた。
多少仰け反っただけの化け物が、同じくレオの方を振り返る。
化け物の姿が揺らめく水面を通ってきた光に浮かび上がった。全身が灰色のそれは、地球人の女性にも似た上半身と、魚のような下半身をしていて、さながら人魚の様。全身を覆い尽くさんばかりの長い髪は、水の浮力で揺らいでいる。
人魚の髪がレオに向かって伸ばされた。レオはそれを後ろに退いて避けると、人魚は髪を操りながらレオに急速に接近する。
伸びてきた髪を手刀で叩き落とすが、髪はゆるく衝撃を逃し、そのままレオの手に巻きついた。
「!!」
戸惑う間もなく、レオの腕に、足に、首に、全身に、更に髪が巻きついていく。
ぎりぎりと強烈な力がレオを締めあげた。細い髪の一本一本の繊維がきつく絡み、レオの体を圧迫していく。
慣れない水中でもがくレオを、人魚は海底の岩場に叩きつけた。砂煙がもうもうと上がり、視界を遮る。レオはなんとか手先に光を集中させ、髪の束を数本切断した。驚いたように髪がレオから離れていく。
浮力で漂う砂が視界を未だ遮っている。レオは身構えたまま辺りを見渡した。
背後の砂煙の中から髪が伸び、レオの首に巻きついた。そのまま後ろに引き倒される。レオは背中の痛みに耐えながらも、首に巻きついた髪を強く引き、人魚を引きよせた。髪が更に絡みついてくる。
ようやく姿の見えた人魚に向かって蹴りを放つが、人魚はレオを髪で縛りあげたまま、尾鰭を使って浮かび上がり、器用にそれをかわしてしまう。
そして縛りあげられ、動けないレオに対して、尾鰭を何度も打ちつけた。レオのカラータイマーが点滅を始める。
鈍い音がして、近くで爆発が起きた。
『レオ、しっかりしろ!』
ダンの声が頭に直接響く。
マッキーから撃たれたミサイルが海中で何発も爆発し、至近距離のレオと人魚でさえ互いの姿が見えなくなる。
偶然の直撃を受けたのか、不意に人魚は髪を解き、レオから離れていった。
レオは人魚を捕らえようと手を伸ばすが、カラータイマーの点滅は一層激しくなった。

『隊長! 海上に人影が・・・』
ダンは通信を受けてカメラを切り替えた。
波間にぷかりと、気を失ったゲンが浮いていた。
スポンサーサイト

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://superultra.blog122.fc2.com/tb.php/58-d0e8f071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。