FC2ブログ

もしも小話

アニメや特撮等、筆者の見たものの「もしも~」的な話を載せたりするブログです。無断転載禁止。

石の人魚1

それは、ある暑い日のことだった。
ゲンとトオル達は、近くの海岸へと海水浴へと来ていた。
「おおとりさん、早く早く!」
ゲンと百子がピクニックシートを引いていると、早速トオルがカオルの手を引いて砂浜をかけていく。
「あんまり遠くへ行っちゃだめよ」
「大丈夫、ちゃんと俺が見張ってるから」
「ええ。私、ここで荷物を見ているわ」
ゲンも待ちきれない表情で、二人を追って走り出した。
「おおとりさんも子供みたいなんだから」
百子は肩をすくめて小さく笑うと、水着のままシートの上に荷物を広げ、三人の様子を眺めた。


トオルとカオルは、足元の海水をお互いにパチャパチャとかけあっていた。そこにゲンが入ってくると、今度は二人してゲンに水をかける。
「うわっぷ! こら!」
ゲンも笑って足元の水を両手で救うと、二人にかける。
「うわ! おおとりさん、かけすぎ!」
「やっちゃえ!」
幼い二人は更に声をあげて、ゲンに水をひっかけた。
「きゃあーーーー!!」
突然海の方から悲鳴が聞こえた。





真夏座レポでもやろうかと思いましたが、すでにあっちこっちで出ているので割愛しようかなと。
そして、まだ怪獣を思いついてないけど、見切り発車。
スポンサーサイト

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメント

うわー新作っ!しあわせな頃のおおとりさんですね(ホロリ;)。つづきがたのしみです。

  • 2007/12/03(月) 01:34:21 |
  • URL |
  • yami #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://superultra.blog122.fc2.com/tb.php/46-9d498b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad