もしも小話

アニメや特撮等、筆者の見たものの「もしも~」的な話を載せたりするブログです。無断転載禁止。

クロスカウンター3

食事のあと、テーブルを囲んでナオが重々しく口を開いた。テーブルの上にはエメラナが淹れた紅茶が湯気をあげている。
「これから、ミラーナイト使用会議を行います」
「ナオ、そのように怒らなくても・・・・姫様にお仕えするのは私の使命なのだし」
「でも、そんなに能力とか使ってたら疲れるだろ?」
「問題ない、大丈夫だ」
「えーと、エメラナの自立だっけ?」
ランは何時の間にやら出したのか、ホワイトボードに「掃除」「洗濯」「料理」と書き込む。
「掃除は小型ロボットがやるからいいだろ」
ランとナオもありがたく使わせてもらっている。狭い船内では、あまり物を増やさない。手で使う掃除道具はエンジンルームの近くに小さな箒と塵取りがあるぐらいだ。
『洗濯は城に出す。異論は認めない』
「うーん・・・・確かに、俺達でも洗えないけど・・・・」
ひらひらのドレスを見て、流石にナオは首を縦に振った。
「あと、料理は・・・・」
『姫様の手に傷がついたらどうするつもりだ!』
「んー、でも包丁使わなくてもミキサーとかフードプロセッサーとか、ピーラーとか、道具は色々あるだろ」
「粉を捏ねるところから始めたっていいじゃん! パン焼くとかさ」
「まあ、素敵」
先日、ランとナオが作った菓子パンを思い出し、エメラナは頬を緩めた。
「ええ。私、パン作り、頑張ります!」
『ひ、姫様!』
「ジャンバード、火加減をよろしくね。出来上がったらミラーナイトやゼロにも食べてもらいたいわ」
「姫様・・・・! なんと光栄な・・・・」
『お任せてください!』
感極まる二人の家来を置いて、ナオは冷静に話の続きに戻った。
「それと、買い物ももっと計画的にしなくちゃね」
「パシリって言いだした原因はそれか。まあ、確かになんでもかんでも頼むのは良くないな。
後は、ジャンバードが簡単に寄り道してくれるかだが」
「私からジャンバードに頼んでみますね」
エメラナは微笑みながら、紅茶のお代わりを注いだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://superultra.blog122.fc2.com/tb.php/2599-b610907d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad