もしも小話

アニメや特撮等、筆者の見たものの「もしも~」的な話を載せたりするブログです。無断転載禁止。

あなたの為なら壊します37

キルシュとペシェは第二講義棟の中を歩いていた。上級生の教室が並んでいるので少々怖いが、仕方がない。
今日の使命が果せたら、レピが特別にカステラというお菓子を作ってくれるらしい。擬態の練習は、本当はもう少し先の学年になってからなのだが、隊長室で家庭教師をしてもらっているので、早々に擬態もできるようになった。今では、普段からお菓子が食べれないのは、意外と悲しい体質の種族なのかもしれないとさえ思ってしまう。
「先輩の教室、3階だっけ?」
「うん。階段の近くの教室」
高学年の方が授業時間が長い為、まだ廊下には誰もいない。たまに声のでかい先生の声が壁越しに聞こえてくるぐらいだ。双子は、授業が終わる数分前を狙って教室の前に来ると、チャイムが鳴るのを待った。
やがて終礼の鐘が鳴ると、先輩たちがぞろぞろと教室から出てくる。階段近くにたたずむ低学年の双子を見て、少々首を傾げる者も何人かいたが、それだけで、素通りしていった。
「なかなか来ないね」
「掃除当番かな?」
教室の中では、まだ残っている数人がガタゴトと音をさせている。ちなみにキルシュとペシェは来週なので気にしなかった。
やがてその音もやむと、また人が出てくる。最後に出てきた中に、見知った顔を見つけて、二人は早速駆け寄った。
「「先輩!!」」
「?!」
突然後輩の二人の少女に話しかけられた男子生徒は、ひどく驚いた表情をした。
「は、はい・・・・っと、どちらさま・・・・?」
「キルシュです」
「ペシェです」
二人そろって○○です、とは流石に出てこなかった。ちょっと身構えてしまったが。
「80先輩、この間の校外学習の時に、アルバイトを探していたでしょう?」
「ぎくっ!」
「ヒマな時間とはいえ、授業中に探すのは良くないと思います」
「「学生として」」
ゾフィーに教わった通りにステレオで強調して言うと、80は慌てて首を上下させた。
「そ、そうだね」
「そこで私達が、すっごく良いアルバイトを紹介しちゃいます!」
「高学年だからちゃんとアルバイト代がでるんですよ!」
「しかも家庭教師がつくんです!」
「さあ、お買い得なお仕事に行きますよ!」
「ええ?!」
両手を左右から引っ張られて「お買い得なお仕事ってなんだろう」と、80は階段を下りながら考えていた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://superultra.blog122.fc2.com/tb.php/2544-d4453adc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad