もしも小話

アニメや特撮等、筆者の見たものの「もしも~」的な話を載せたりするブログです。無断転載禁止。

ベリアル陛下強すぎィ!

いや、本当はジャグラー死すから繋がってる感じなんで、順番に書いていかなくちゃいけないんですけどね!
でも最初に行っておく!
兄さんと陛下のフュージョンアップ強すぎww
しかも戦闘スタイルが陛下よりのため、兄さんの印象が薄くなってしまいました。ぐはっ!
背面は黒が多いけど全面は銀が多いから、兄さんと合わせてってよりアーリーベリアル様として見た方がいいかも?
特にビル投げなんて誰もやったことないからもう「うはww」とか喜び過ぎました。降臨しただけでビルを吹き飛ばし、先週ボッコボコにされたマガオロチを更にボッコボコにし返してやるという。今までのパワーアップしつつも神聖な雰囲気を残した先輩ウルトラマン達と違い、むしろ年齢的に上の方々の能力を借りたのに、戦い方はブラックキングどころか野獣。ヤクザ蹴りとか八つ裂き光輪で尻尾切断したり、切った尻尾をガードに使ったりむしろ光線効かなかったりで、本日のタイトルバックがいつもなら怪獣なのに今回はサンダーブレスターなだけあって、悪役な戦いっぷりです。ザギさん的な~? ヒールレスラー? あれか、蝶野さんか。
でも陛下のカード、ジャグラーさんが持っていたのに、玉響姫はどうやってパチってきたんだ? あと陛下のカード使われて悔しそうなジャグラーさん、可愛い。
スポンサーサイト

週に一回のお楽しみ

http://chat.kanichat.com/chat?roomid=urutora

ジャグラーさんの変態っぷりが早く見たい。

あなたの為なら壊します39

「おお~! 本当に来た!」
「アルバイト希望者ですか。学年とクラスは? 養成所側の許可は取ってありますね?」
一番奥のデスクに座る隊長の両脇から、二人の女性が80を値踏みするように見つめる。80は慌てて自分のクラスと学籍番号、養成所のアルバイト許可証を差し出した。キルシュとペシェが折り畳みの椅子を持ってきて、ゾフィーの前に座るようにと言われる。アルバイト許可証を見ただけ、ゾフィーはポンと判子を押した。
「うむ、では採用だ」
「え、面接とかないんですか?!」
「教えて使えないようならば不採用にします。試用期間兼面接です」
「は、はいっ!」
「ディナさん、そんなに最初からハードルをあげなくても。
あ、お茶をどうぞ。擬態はできます? 飲食はできるようにしておいた方が、色々な惑星に行ったときに便利ですよ」
「あ、はい。ありがとうございます」
ソーサーごと受け取ったティーカップをどうしようかと持て余していると、目の前で同じように渡されたゾフィーが、優雅な仕草でカップを口につけた。なるほど、ああすればいいらしい。『食べる』ことは授業で習ったので、後は問題がない。
「ああ、そういえば」
ゾフィーがカップをソーサーに戻してぐるりと部屋を見渡す。
「うちの部署に私以外で男が入ったのは初めてだな」
「男は根性がないんで~」
「でも先輩はなんとなく根性がありそうなので連れてきました」
「私達の目が正しいって証明するためにも、頑張ってください」
うわあ、なんか怖いところに来ちゃった。え、女の人ってみんなこんななの?
慄く80に向かって、ゾフィーはのほほんとした笑顔で聞いた。
「ああ、面接代わりと行ってはなんだが、君がアルバイトをして金銭を得ようと思った動機はなんだね?」
「え、ええ?! い、言わなくちゃダメですか?!」
「ええ?! そんなに言うの嫌?!」
逆にゾフィーの方が驚いている。
「隊長はどういった理由で?」
「いや、普通にお小遣い欲しかったし。まあ、周囲に友人がいたからね。遊びに誘われたら断ってばかりもつまらんだろう」
アルバイト、楽しかったな~。と言うゾフィーを見て、全員が肩透かしを食らったような表情をした。
「え、何? どうした?」
「別に~」
「なんでもないですぅ~」
「超つまんなーい」
「で、80君は? もうちょっと面白い動機?」
「そ、ソンナコトハナイデスヨ?」

あっれ~おかしいな~

買う予定のなかった服を衝動買いしてしまい、財布の中が大ピンチ。なんでや。今月は節約できていたと思っていたのに!
やばい、次の給料日まで持つかな・・・・。

http://chat.kanichat.com/chat?roomid=urutora

ババルウで泣く日が来るとは

メフィラスさんが、ウルトラマンと人間の絆についてとくとくと語っております。そんでもって呼びつけたババルウさんに、オーブに化けて人間との絆を壊してしまえとか命令を。でも、なんかこうババルウさん、誰かを人質にとられているような、嫌々な感じであんまり忠誠心なさそう。
ハンバーガーショップ(ちょっと高そうな感じ)で、お昼中のSSP+ガイ。ナオミの代わりに指示を出す人工知能を開発したと得意げなシン。その隣でテンションが落ちているジェッタ。ハンバーガーセット二つも食ってるガイ。ヒマとぼやいているジェッタが目撃したのは、いきなり出現したオーブ! 
「え?」
ってガイの手からポテトが落ちた! そりゃ落ちる! ナオミを遮ってジェッタが叫ぶ! オーブを見ようとする野次馬の後ろで路地に入って変身しようとするガイ。しかしジェッタにカメラマンを押し付けられ、変身ストップ(笑)
メフィラスに言われて地上を破壊しようとしますが、怪獣が出ていないのでシンやナオミは訝しんでおります。そこの都合よくテレスドン出現。おい、ババルウもメフィラスも戸惑ってんじゃねーよ(笑) テレスドンに派手に突き飛ばされて倒れるババルウ(オーブ)に、自分の身は自分で守れとか冷たいこというメフィラスさん。まー、オーブを侵略宇宙人が助けるのもおかしな構図なので、騙す側としては妥当な判断ですが。逃げ遅れた小学生が腰を抜かしているところ、助けるために駆け付けたガイと、偶然背中にテレスドンの火があたってしまったババルウ。ぶきっちょに戦うオーブを見て「オーブってあんな感じだったけ?」と首を傾げるナオミに、即座に否定するガイ(笑) テレスドンは先日のグビラのように野良怪獣だったようです。疲れたんで一瞬化けの皮が剥がれそうになり、慌てて人間サイズになるババルウ。消えたオーブを追って走るジェッタ。そんなジェッタに見つかって、とっさに地球人に化けるババルウ。名前も「ババリュウジ」にしました(笑) おい、仮に本人だとしても、「本名ウルトラマンオーブです」なんて言うと思ったか! とりあえず一人完結しているジェッタのおかげで逃げられることになったババルウと、それを見て、様子を見守ることにしたガイ。
ニュースでは怪獣が出たけど怪我人は出なかったと、地震速報みたいな感じで放送されていました。それを聞いてニヤニヤしているジェッタ。誰かに聞いてほしくて、コーヒーだかなんだか飲んでるガイを小学生のように巻き込んで、取材に出ていきました。
なんかビートル隊の基地を探しているババルウ。あれだよ、Xのバルキーっぽいよ、こいつ。そんなちょっと怪しいババルウを、渋谷さんが職質です。でも今回は柳沢劇場が少なめ。ジェッタが高校時代の先輩だと誤魔化してババさんを連れていきました。ちょこんと挨拶し合うガイと渋谷さんが可愛い。レベルの低いピンチを脱しましたが、真のピンチはこれからです。ジェッタがババルウをオーブだと勘違いしたまま、お礼を言いたい子供たちを呼んでしまいましたww
「おまえ全然そっとしてないよ!」ってツッコミに回るガイさん。ジェッタの勢いに押されてそのままカメラマンに。空からババさんにパンとか、アングル考えて撮ってるあたり、カメラマンのバイトもできそうです。子供たちに次々質問されて、しどろもどろなんですが、代わりにジェッタが答えていきます(笑)プレゼントまでもらっちゃいました。
勝手にヒーローに祭り上げられて、まあ、まんざらでもないんですが、どうしてそんなことをするのかジェッタに聞くババさん。
子供の頃からヒーローに憧れていたジェッタ(本名は善太らしい)。でも能力がないから、あきらめてたり、他の角度で見るようにしたり。そんなんでもまだ純真な心を持ったままのジェッタ。
さて、一応秘密基地に帰ってはきましたが、子供たちからもらったプレゼントを見てババルウにやけ気味。訝しむナックルに「人に憎まれるより、喜ばれる方が気持ちがいいもんだな」なんて言っちゃったり。まーこいつには通じませんでしたが、ジャグラーさんだったら何か勘づくかも。メフィラスも、気づくかな? テーブルの上にこっそりメトロン茶がありました。
そしてまた別の日も子供たちと遊ぶババさん。いやもう、すっかり子供たちに絆されちゃって、偽物でもいいからオーブになっちゃおうとか考えてます。やべ、この時点で泣きそう。
そんな平和なひと時を壊す悪いやつらが、メトロンのピーナッツ型宇宙船でやってきます。周囲の声に押されて、セブンっぽいエフェクトで変身するババルウ。メフィラスに命令されても反発するババルウ。メフィラスの命令でジャグラーがケルビムを召喚します。ケルビム、割と強い方なので、喧嘩殺法のババルウさんじゃ歯が立ちません。火も吐かれて正体がバレてしまいます。しょせん偽物とあきらめたのに、子供たとジェッタが応援してくれたので、根性見せます。それをあくまで見守るガイさん。再び炎を吐かれて、もう死ぬ! って時にウルトラマンオーブ、バリアを張って華麗に登場。動きがキレッキレです。その勝利を見届けて、光となって消えてしまいました。
メフィラスのやり方は古いと言って去っていくジャグラー。そうね、現代っ子はすぐに地球売っちゃうからね!
みっともなく、格好悪いのに、最後まで追ってきてくれたジェッタと子供たち。最後に僅かなやりとりをして、去っていくババルウを静かに見送りました。
数日後、公園で清掃のお兄さんのような人が、子供の落とした帽子を拾ってくれていました。チャラかった金髪が黒髪になっただけで大分印象が変わった、ババさんでした。

さて次回。ジャグラーさんのパワーアップフラグですね、わかります。

オーブは見ているんですが

感想を書いていなくてすみませんというか。
やっぱり変態ジャグラーが出ていないとつまらないですね。いつの間にジャグラー好きになったんだ。ここ2週間はインターバル的な感じでしょうか。ナオミの彼女感がだいぶ押し出されてきております。
今週はババルウが出るんで、早いところジャグラーさんを拝みたいところ。

http://chat.kanichat.com/chat?roomid=urutora

FC2Ad