もしも小話

アニメや特撮等、筆者の見たものの「もしも~」的な話を載せたりするブログです。無断転載禁止。

と り わ す れ

週末からズーンと沈んでいたのを引きずり、本日の列伝を録画し忘れていました・・orz
でもヒカリの初戦はやっぱりエビス様だよねーと思ったんですが、リュウさんが「ヒカリ」と名付ける話でした。くそう。
仕方がないので「真珠貝防衛作戦」を見ます。
ところで列伝のOPが来週から変わってしまいますが、とうとうタロウはやらずじまいでした。かなーり不満。

沈みっぱなしの時に書いたのを見ても面白くないので、光太郎総監、削除しました。
後でもうちょっと浮上したら書き直します。
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

今日はメビウス!

ゼロのナレーションからボガールにとどめを刺そうとするツルギ。しかし剣を振りかぶったところで、リュウさんがツルギを撃った! セリザワ隊長にそんなことさせられるかーってことなんですね! ツルギは怒ってリュウさんの方を見ますが、セリザワ隊長の意識が表層化したのか、動きと止めます。そこへボガールが!
人間態になったツルギですが、ウルトラマンの心を捨てたとか言っています。でもミライが心の鎧を纏っても、心は捨てられないと説得。夕日を見てセリザワさんの感情が流れてくると、少し穏やかになりますが、「復讐は果たす」と言い切りました。
ボガール殲滅作戦にトリピーが呼ばれていません(苦笑)バリアの中に入ったらメビウスもツルギも爆発に巻き込まれてしまう。でも「サポート担当なら、希望を探すこともサポートの仕事だよね」とサコっちが助け舟。
ツルギを倒す宣言をするリュウさん。ミライはリュウさんが主にを背負うからと止めに入りますが、「上等だ」と言ってしまうリュウさん。
テッペイ達がメビウスとツルギを助ける作戦を立てました。セリザワさんのことを知らないのに・・・・と嬉しそうに言うリュウさんにコノミがハンカチを貸してあげます。サコっちも含めて皆で「プライドオブガイズ!」
ボガールがフェニックスネストに向かってきているので、ミライが先に島へと誘導。リュウさんも行こうとしますが、サコっちがミライに指名です。
フィールドの中に入っちゃダメですよとコノミに言われますが、ミライは中へ。このフィールド、メテオールでもないのに強力です。制限時間なさそうです。1200ミリシンクロトロン砲はツルギの言う通り効果なしの上、壊されてしまいました。二人のウルトラマン出陣です。しかもツルギが「メビウス、力を貸してくれ」と言うのです。おまけに体が限界とか。使用BGMがメビ&兄弟のだ。
二人同時に変身! 
メビウスがツルギの体を台にして飛び蹴りするのが好きです。ちょっとスワローキックっぽいメビウスの蹴りはこれが初披露だったのか。空中戦から光線技へ。やっとこボガールを倒しました。
リュウさん達がフィールドに穴を開けてくれましたが、ボガールが起き上がってしまいました。ツルギが剣でトドメを刺しますが、刺さったままボガール大爆発。間一髪でメビウスがツルギを抱えて外に出ました。
しかしツルギはそこで力尽きてしまいました・・・・・あううう・・・・そこへウルトラの母の姿が!
ここで今日はオシマイ。来週はヒカリがいよいよデビューです。


今日も列伝見れて幸せな私に、拍手ありがとうございます!

しのさん>ゼブラーマンとの共演見ましたか~? 冒頭のシルエットのところとか、まだまだ篠田さんお若くて、格好良いですよね! そんなお姿に触発されて、全然予定のなかった光太郎総監に入ってしまいました。これからどうするんだ、私(笑)

yamiさん>もちろん、悪役でも応援しますともー! むしろ胸が締め付けられるような重荷を背負っている役で、ハンカチ必須でした。でもたまには爽やか快活天然な役もやってほしいと思います!

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

頭痛専門医に行くべき?

頭痛いのは、メトロン電波でも受信しているせいですか。
猿になってもいいから篠田さんの姿を見たいです。

とりあえず明日、月曜ゴールデンに篠田さん出るから!
yamiさん、情報ありがとう!!

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

本日のチャット

すみません、おやすみさせてください・・・・。

また熱が上がってしまいました・・・・orz

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

あなたの為なら壊します19

「大きな声出さないで!」
ひそめた声でディナはアシェルを叱りつける。だがアシェルはそれを無視した。
「何それー?! 何それー?! そんなに急接近したの?! マジ?!」
「せ、接近って・・・・確かに、お側で仕事はできるよになったけど・・・・それに、まだ一ヶ月ぐらいしか経ってないのよ・・・・」
「ほおー! ふーん、そーかー。それで秘書ね~」
アシェルは再びディナの持っていた秘書検定のプレートを勝手に立ち上げた。
「うわ、めんどくさっ! 気ぃ使うようなのばっかじゃん!」
「だから大変なのよっ!」
慌ててアシェルからプレートをひったくり、ディナは自分の足元に押し込んだ。
「それに、まだ部屋も片付けきっていないし、メールも三カ月分ぐらい目が通せていないようだし。
応接室も修理できていないから、先日の来客には小会議室を使ったし。
あと、異星人が来たら”お茶”を出すらしいわ。先日、地球にこの間行っていた人を捕まえて、出し方を教わったの」
「へー。地球って保護条例かかってる惑星でしょ。まだ恒星間移動手段がない文明だからって。よくそんなところに行けたもんだ」
「話を色々聞いているうちに、隊長がすごーく楽しそうにメモを取り始めていたけど・・・・」
普段のあたふたしている様子からはちょっと離れた、少し悪巧みっぽい笑みだったのを思い出す。少なくとも小石に蹴躓くよりは格好良い。
「書類の取り立てもまだ数か所残っていると思うんだけど」
「取り立てって、どこのヤクザだよ」
「仕方ないでしょ! あの方、まだ若すぎるから色々恨まれてたり軽んじられていたりするのよ。そういった嫌がらせは結構多いの。ほとんどの提出書類は遅れてるわ」
「それの取り立てか・・・・。まあ、ストレス発散になるかもー・・・・・って、こないだ本部ビルの壁とか床壊れたって事件、あんたか!」
「事件じゃないわよ。最短距離を効率良く移動しただけよ」
「そこらの星人よりタチ悪ぃわ! こないだ科学技術庁のおっさんの調査の護衛に行った時、宇宙海賊にばったり出くわしてさ。そん時にあいつら、あたしじゃなくてブルー族のおっさんの方見た途端にいきなり土下座して謝ってきたけど、あれってあんた<ブルーデストロイヤー>の所為だろ」
「その呼び方やめて」
ディナは独り歩きし始めた二つ名に眉を顰めた。
「そーだよねー。もうちょっとぐらいお淑やかになりたいもんねえ・・・・。うんうん」
ニヤニヤ笑うアシェルに、ディナは寝椅子から起き上がると、プレートを抱えあげる。
「もう今日は帰るわよ。ちゃんと謹慎しなさい」
「待てーい! ちょっと待て!」
「何よ。話すことなんてもうないわよ」
「あるでしょ、いくらでも! 
あたしも秘書の仕事やりたいからね」
ディナは目を丸くした。

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

狙われたいのか狙われたくないのか

今日は、メトロン!

建設現場で人が暴れております。なんか五月蠅いね。機械の音? 昔堅気の刑事さんが調査に来ました。夕日を映す鏡の中に人影が。
携帯電話から何やら人の悲鳴っぽいような金切り声。
取調室にカイトとミズキ。ミズキはタバコぽいお菓子食べてます。隊長が昔のタバコ事件のことを教えてくれました。作戦室暗い。この陰影が実相寺監督だなあ。怪獣や宇宙人よりも恐ろしいもの・・・・人の心。
科特隊っぽいですね、いいですね! うわあ、研究所の人も暴れ出した! 携帯落として。
宇宙人が携帯のアンテナ作ってるって・・・・思ってますよ! 建物のあちこちの影に隠れている園崎パパ。
人間を猿に変えてしまうほどの電波。
下町の壁にガヴァドンと、「俺の名前をいってみろ」っていうラクガキが! 可愛い! でもガヴァドンにしちゃ尻尾がBタイプっぽい。カイトが気付いた!
お寺の境内に堕ちている携帯電話を拾うと、怪電波がカイトを襲う! マックスだから助かった!
緑の光の先は古いアパートの敷地でした。刑事さん、メトロン星人と知り合いだったよ! ケンちゃんと言って抱き合って、でもメトロンは突き飛ばしてしまった。セブンの時代の話。刑事さんのおじいさんがメトロンを助けてくれたそうです。
メトロンは自分の家へご招待。メトロン茶にジャンケン。チョキだけじゃないよ、パーも出せるよ。
なんで寺のゴーンなんだ? 夕焼けは美しい。今回のカイト、「つべこべ言うな!」ってやたらと言うなあ。
このセミっぽい宇宙船の音がセブンっぽい。バイバイってするセブン。
ストーリーというかとにかく映像として見応えがある回でした。やっぱり実相寺監督凄い。陰影がなにより素晴らしいし、音のチョイスも全然違う。今こういう感性で撮れる人いないよね。
まさに30分の異世界を覗いた気分でした。
そして来週はメビウス! ボガールとの最終決戦です! 離島でバリア、使わせていただきました(笑)
ツルギの戦い、しかと見させていただきますよ!


ウルトラゾーンを見ていた私に、拍手ありがとうございます!

yamiさん>ガールズトーク、お楽しみいただけてありがとうございます! 多分、どこの惑星でも恋の悩みは一緒だと思いますw ディナはかなり一途なので、勢いで警備隊まで入っちゃいました! でもあとは亀より遅い進展ぶりに
周囲がやきもきします(笑)

リオさん>どっかしらでうっかりミスが発生するのが兄さんクオリティです(笑)多分、躓いた後は、アーリーベリアル様に背びれを引っ張られて連行されていったのでしょう。ディナはそれを見て「この人は私が守らなくちゃ!」と思ったに違いないのです(笑)

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

あなたの為なら壊します18

ディナとアシェルは街中の休憩所に入った。飲食をしない光の国の住人向けのスペースで、区切った個室が色々な惑星の特色で彩られており、好きな惑星のインテリアに囲まれてくつろげるようになっている。
ネフェル星人向けのソファの上で、二人は向かい合って寝そべった。
「・・・・毎度毎度思うんだけど」
最初にアシェルの今回の任務を聞いたディナは眉をひそめた。
「どうして私達って、任務の運がないのかしら・・・・」
「だよねー。単独で逃げ回ってる凶悪犯ならともかく、グループで動いているような連中は、やっぱり一人だと辛いよー」
「それもあるけど、犯人相手の相性もあると思うのよ。確かに人手不足気味だから、苦手とか言ってられないのはあるのでしょうけど」
「知能犯相手だと苦しいわー」
「頭に血が上りやすいのもなかなか直らないしね」
ディナはアシェルを見た後、ふーっとため息をついた。アシェルは腹ばいから顔をあげた。
「それはアンタもでしょうが!
そっちはなにやってんのよ! 秘書とか全然似合わねーし。
第一、あんた警備隊に入るってあんなに息巻いてたのにさー。
”怪獣に襲われたところを格好良く助けてくれたのに、立ち去る時に何故か小石に躓いて転んだ、ちょっとマヌケなお兄さん”に逢うっつー壮大な計画はどうした?!」
「・・・・・・それが叶ったのよ・・・・」
銀色の頬を少し染め、ディナはポツリと呟いた。
「は? え? マジ? ちょっと! どいつよ、そいつ! 教えろっての!」
「・・・・・・・・・・隊長よ・・・・・」
「隊長? ってめっちゃ年上じゃん! 全然”お兄さん”じゃないって!」
「それは大隊長でしょ!」
ディナが寝椅子の肘を叩いた。
「交代されてもう1年は経っているわよ!」
「あれ? そうだっけ? って・・・・マジかあああああ!?!」

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

久々に勇者見たいなー

ウルトラマンもいいけど、やっぱり勇者シリーズも捨てがたい!
ジェイデッカーがないのが大変な心残りですよ。冴島総監、大好きなのです!

さてはて、今日はチャットの日ですが、ちょっと風邪気味なので0:00までにします。
短いですが、お付き合いしてくださるかた、こちらへどうぞ~
http://chat.mimora.com/common/chat.mpl?roomnum=407713
【“久々に勇者見たいなー”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:日記

あなたの為なら壊します17

雑踏の中、声に気付いたディナが顔をあげた。
「アシェル」
「よ、久しぶり!
何してんの?」
ディナの抱えているプレートケースを見る。
「休みを取らされたものだから、本屋で仕事に使えそうな資料を探していたのよ」
「ふーん。次、どこの惑星?」
アシェルはひょいとプレートの一つを勝手に取り上げた。
「あっ・・・・」
「・・・・・『秘書検定』?」
ディナは無言でプレートを取り返した。
「ちょっと何?! アンタ転職する気?! あんな必死こいて訓練したのに!」
「転職するんじゃないわ。部署が異動になっただけよ」
足早に去ろうとするディナの横にしつこくアシェルが食い下がる。
「秘書ってデスクワークじゃん! 場違いすぎでしょ! カレッジに行った連中がなるようなもんじゃん!」
「いいのよ」
「良くないっしょ! 以前極悪星人根絶やしにしてやるって一緒に誓ったじゃん!」
「あれはついでよ」
「何それ?! アンタ、あたしとの友情はついでか?! この薄情者!」
ディナはわめくアシェルを放ってどんどん歩いて行く。
「おい、コラ! 会話する気あんのか!」
「こんなところで喚かないで頂戴。イライラしているようだけど、また任務に失敗したの?」
「ぐっ・・・・!」
痛い所を突かれ、アシェルが押し黙る。それに気付いたディナが立ち止まり、アシェルの方を向いた。
「言い分けぐらいなら聞いてあげるわ。それと異動先ぐらいは教えてあげるわよ」
激しく落ち込んでいたアシェルが顔をあげた。
「ああ・・・・助かるうううう!!」

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

ハネジローはピアノ線か?

ラジコンで動かしているのか謎ですね。
大友博士とかよく引っ張ってきたなあ。ちゃんと以前に出したキャラを使っているのが嬉しいですね。
ハネジロー可哀想! 今回の怪獣は割とカラフルで嬉しい。シルバゴンのだるまさんがころんだとか大好きだし。
研究所が壊れて博士涙目。怪獣はしょせん怪獣なのですよ。って踏みつぶされてしまった・・・・。こういう因果応報はきっちり描くのがウルトラの良い所。
ダイナ、ネオザルスにぼっこぼこにやられています! ストロングでもこれだけ苦戦とか珍しい。やっぱり純粋な力勝負ってのは強いね。
ナカジmさんとコウダさんが賽ノ河原みたいに石の墓を積み上げてくれていますが・・・・そこへ伝統の「おーい!」これを聞くと安心する。でもハネジローが・・・・寝ておりましたw 

来週はマックス! しかもなんとメトロンの話です! どうせならセブンとセットで放送して欲しかった!
でも楽しみ!

ちゃぶ台とメトロンに和んでいる私に拍手ありがとうございます!

法皇の緑さん>はいウルトラ兄弟は超絶エリートですよ~。だから地球を任されているのです。
アシェルもディナもどっこいどっこいです。二人とも言い分けしてますが同じようなことやってます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

あなたの為なら壊します16

『うちゅうけいびたいのおねえさん。
わるいやつをやっつけてくれてありがとうございました。おかげでぼくのほしには、わるいやつがいなくなりました。
でもいいひともいなくなりました。ともだちもいなくなりました。
おとうさんとおかあさんとあそびにいったうみもなくなりました。
どうかおねがいです。おとうさんをかえしてください。ともだちをかえしてください。うみをかえしてください。それから・・・・』
「ああ・・・・もう、ダメッ・・・・!」
バチッ! と音を立ててスイッチが切られた。
「ぜー・・・・っ ぜー・・・・っ」
「何をするアシェル!」
「もう無理です、部長! 拷問すぎ!」
「黙れ!!!」
床に座り込んだアシェルに上司は怒鳴った。
「惑星クルエスはヘイトレス星人の思惑通り死の星だ! 倒したからといって何一つ解決してないぞ!」
「あうう・・・・」
戦闘に夢中になって、他に気を配れないのがアシェルの欠点だった。惑星壊滅、2個目である。
「だーからー、一応コンビ頼めないか事前に聞いたじゃないですかー」
「何時まで半人前のつもりだっ! 降格だ!!
当分任務は行わせんぞ! 養成所に戻ってやり直してこい!!」
最後に謹慎のプレートを投げつけられ、アシェルは部屋から追い出された。
「は~・・・あー・・・・。
あー、マジへこむわ・・・・」
片手に持った謹慎のプレートがずしりと重たい。これから始末書も描かなければいけないのだ。
「どっか外で書くかぁ・・・・。
もう、本当にワザとじゃないんだってば・・・・」
とぼとぼと本部から出ると、一人で落ち着けそうな場所を探す。大通りの交差点の向こうに、見知った顔が歩いていた。
「あ、ディナだ。
おーいディナー!!」
養成所の同期を見つけたアシェルはそのまま彼女の方に向かって走り出した。

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

ドルギランかっけー

遅ればせながらゴーカイVSギャバンのDVD見ました!
冒頭のドルギランとギャレオンの空中戦! 明らかにドルギランの方が格好良いんですけど! セットのギャレオンがしょぼく見える(笑) そしてコンバットスーツが眩しい! 脹脛の黒がちょっと悲しい感じだけど、装甲と関節、筋肉具合をみたら理想的な作りのスーツなのかも。BGMもギャバンのいっぱい使われて嬉しい。
バリアーとかレーザーブレード超! 大興奮ですっ! 烈さんっ! もう警視とかじゃないんですか?! 現場出てきて大丈夫ですか?!
ハーケンクロイツっぽい人達が警視総監ですか? 総裁つってるし。というかマックスのナレーションの方じゃないですかー。
ザンギャックに逆らったってことはこの警察はザンギャック帝国の司法の元に成り立っている。ギャバンさん、それなら別に国家的な正義の元ですから気にしなくても。と思ったら、いきなり正体を現してしまった偽物さん。
ギャバンブートレグって偽物が出てきましたが、大場さんのアクション現役並みじゃないかー! すげー! 格好良い~! でも烈は「よろしく勇気なんて」歌詞としてはともかく会話的に不自然なセリフは吐きませんよ。
蒸着!
しかしこのブートレグは脹脛とか太腿の裏まで銀色で私の理想のコンバットスーツです。
うわあ、懐かしい魔空空間だーー! この「魔空空間に引きずりこめー!」って悪役のセリフ大好きw
昔のマーベラスがナオでしたw ワイルドな役が似合うね!
バスコ、登場時は好きだったので今回はいい感じ。
まさか敵さんがドン・ホラーの血縁だったとは! 
大場さん祭りでバトルケニアとデンジブルーが出てきましたw いいのか(笑)とりあえず似ている二人の力を借りて、魔空空間にギャバンを助けに行くことにしました。うわあ、この合成具合が懐かしい!
監獄の中に突入。バレないようにこっそりと。なんでジェラシットが捕まってるんだww
過去の戦隊出演者が捕まってたりしておりますw この辺がゴーカイの楽しいところだな。
そしてやっぱり強行突破。これしかねーだろ! あ、ゴーバスがお披露目で出てきた。
この魔空空間での次々戦闘場所が変わる演出って凄いよね。ゴセイジャーで一回やって迸ったもの! と思ったらゴセイジャーにチェンジしてくれた! 
橋上の戦いとか燃えますね! ギャバンを救出して脱獄しました。
うわあ、やっぱり蒸着キターー! プロセスもナレーション付きでやったーーー!! こ・れ・だ・・・・!!
主題歌もかかってマジ燃えるっ! 若さってのは振り向かないことで、愛って躊躇わない事なんだよ!!
レーザーブレードきたああああ!! BGMも最高潮! ギャバンダイナミックーーーー!! 
個人的には採石場が良かったですが(笑)
地球の逆回転始まったw ドル来たぞーー! 可愛いぞー! ギャバンはあんな派手に動きまわるドルの上ですげーな。ドルの上にゴーカイオー乗せてます。
最後は成長したマーベラスをギャバンが褒めておしまいでした。
なんつーか、ギャバンファンにはたまらん!
これってコム長官か? でもグレンファイヤーの声だよ(笑)
大葉さん祭りな映画でしたw

懐かし映像に興奮している私に拍手ありがとうございます!


法皇の緑さん>ディナは兄さんの為になるためだったら、兄さんのものにでも攻撃します。そんでもって理想の兄さんになってくれたらいいなあとか思っているんですよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

あなたの為なら壊します15

ゾフィーはマントを脱ぐと、まだ山を作ってるプレートの上に放り投げる。
「で、ですがまだ仕事がこんなに・・・・」
「後でちょっとやるよ。初日から残業させるわけにもいかないしね」
「いいえ、それでしたら隊長もここで切り上げてください。それまで私も帰りません!」
ディナはプレートをしっかりと抱きしめると、ゾフィーを見た。
「いやでもほら、慣れない仕事だし、そういうのって研修期間として扱うから・・・・」
「大丈夫です。隊長がいない間、私は留守番をしていたんですよ?」
「う、それは、まあ・・・・」
ゾフィーは歯切れ悪く視線を彷徨わせた。
「じゃあ、お言葉に甘えて今日は終わりにしようか」
「ええ、お休みなさってください」
ようやくディナはプレートを下すと、ゾフィーは先に歩いていって扉を開いた。
「ではお送りしますよ、お嬢さん」
「そんな御冗談を・・・・」
俯くディナを促して外に出る。
「君は警備隊の女子寮でいいのかな?」
「はい。隊長も寮にお住まいですか?」
「一応自宅はもらったからそっちにいるよ」
ほぼ帰っていないが。
「外に出られている間はどうされているのですか?」
「んー、特には何もしてないかな。掃除とか細々した作業するのは意外と楽しいし」
「そうですか」
「何か不満そうだな」
「いいえ。ただ、意外だったものですから。誰かに任せていらっしゃるのかと思っていました」
「自分の家の掃除ぐらい、好き勝手にやりたいものさ」
肩をすくめるゾフィーを、ディナは黙って見上げた。
やがて寮が見えてくると、ディナはゾフィーの向いて頭を下げた。
「こちらで大丈夫です。ご面倒をおかけして申し訳ございません」
「いいよ。たまには気晴らしになったし。
それで、その・・・・えーと・・・・」
「明日も定刻通りに参ります」
「あ、ありがとう!」
ゾフィーはパアッと表情を輝かせると、ディナの両手を握ってぶんぶんと振り回した。
「待ってるから! 本当に! 明日も頼むよ!」
「ええ。
おやすみなさい」
「おやすみ、ディナ」



翌朝。
ディナはきっちり始業時間の5分前に隊長室に入った。
「失礼します」
だが、ゾフィーの姿は見当たらない。
「まだいらっしゃってないのかしら?」
昨日積み上げたプレートが少し減っている。
「?」
首を傾げるディナの前で、応接室とは反対側に位置する扉が開いた。
「や、やあ・・・・。おはようディナ」
見事に隈を作ったゾフィーが渇いた声で挨拶をする。
「隊長?!」
慌ててディナはゾフィーを押しのけ、そちらの部屋に入った。ベッドが置いてあるだけのちょっと広めの仮眠室の床に、プレートが散乱している。
「いや~、やっぱり少しやろうと思っ・・・・」
最後までゾフィーが言いきらないうちに、ディナはベッドを光線で破壊した。
「ああああっ?!」
「本日からはご自宅に御戻りください」
ギロリとゾフィーを睨みつける。
「ああ・・・・・はい・・・・」
力尽きて項垂れたような返事が返ってきた。

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

ドラゴリーの恐怖

先日、ゴミゼロ運動で会社の付近を草むしりとかゴミ拾いしていたら、どうやら茶毒蛾があってしまったらしく。
もう全身がかーゆーいー! 眠れません。死にそう!
私の一番の天敵です。くそう、切断して光線浴びせたい・・・・・!

かゆみに耐えている私に拍手ありがとうございます!

しのさん>昭和を見れないってかなりダメージ大きいですよね。特にこの回はアストラが出るだけじゃなくて星空のバラードとか主題歌とかのインストがかかっているし、ダンの厳しさは適度だし。初めて見る人にも優しい感じがします。大村さんのあたりはやっぱり笑っちゃいますよね!


明日のチャットはここでーす!
23:00~1:00まで!
http://chat.mimora.com/common/chat.mpl?roomnum=407713

テーマ:日記 - ジャンル:日記

FC2Ad