もしも小話

アニメや特撮等、筆者の見たものの「もしも~」的な話を載せたりするブログです。無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスカウンター4

「エメラナ、頼みがある」
数日後、ランが朝食の後に声をかけた。
「はい、なんでしょうか?」
「近くの惑星に買い物に行きたいんだ」
「まあ、お買い物! 素敵ですね!
ジャンバード、近くにお買い物のできる惑星はないかしら?」
『検索します』
「そういや石鹸が少なくなってたね」
「あとは、生鮮食品が欲しいかな。保存食はまだあるけど、できるだけ新鮮なものを食べた方がいいし」
「私も、お野菜やお魚の鮮度を見極められるようになりたいです。お供しますね!」
「いや、どっちかってーと俺らがお供みたいな感じ?」
今にも席を立って踊りだしそうなエメラナを見て、兄弟は肩をすくめる。
やがてジャンバードが申し訳なさそうな声を出した。
『姫様、申し訳ございませんが、近隣数千光年以内に、商業施設がある惑星はありません』
「え、それだけ広い範囲に誰も住んでいないのですか?」
『この付近は危険な宇宙海賊が屯しております。闇市はありますが、姫様がご存知のようなデパートなどはありません』
「そんな・・・・」
「まあ、それじゃ仕方ないか」
『ジャンプを行いますので、三日ほど頂ければ通過できます』
「それでいいか」
肩を落とすエメラナには悪いが、柄の悪い連中の中にこんなふわふわしたドレスを着たお姫様を連れてあるけるわけがない。
平行して飛んでいるゼロやグレンファイヤーは、中の様子をジャンナインにどうしたどうしたと尋ねた。
『この付近にはエメラナを下せる惑星がないそうだ』
「ああん? この辺なら惑星イアソンがあるだろ?」
「あそこは性質の悪い宇宙海賊のたまり場だろう。姫様を下すわけにはいかない」
「大丈夫だって! 船長たちの知り合いだって多いんだ。そんなに悪い連中ばっかりじゃないぜ。
おーいナオ!」
グレンファイヤーはジャンバードの外壁に張り付いて、コンコンと叩いた。
「イアソンの闇市に行こうぜ! あそこは品揃えがいいし、知り合いもいるから、俺が値切ってやるぜ!」
『何を言うか! そんな危険な場所に姫様を行かせられるか!』
「グレンファイヤーもお買い物ができるのですか? まあ素敵。
では、ジャンボットとジャンナインも一緒にお買い物をしましょうね」
エメラナは胸の前でパチンと両手を合わせた。


スポンサーサイト

クロスカウンター3

食事のあと、テーブルを囲んでナオが重々しく口を開いた。テーブルの上にはエメラナが淹れた紅茶が湯気をあげている。
「これから、ミラーナイト使用会議を行います」
「ナオ、そのように怒らなくても・・・・姫様にお仕えするのは私の使命なのだし」
「でも、そんなに能力とか使ってたら疲れるだろ?」
「問題ない、大丈夫だ」
「えーと、エメラナの自立だっけ?」
ランは何時の間にやら出したのか、ホワイトボードに「掃除」「洗濯」「料理」と書き込む。
「掃除は小型ロボットがやるからいいだろ」
ランとナオもありがたく使わせてもらっている。狭い船内では、あまり物を増やさない。手で使う掃除道具はエンジンルームの近くに小さな箒と塵取りがあるぐらいだ。
『洗濯は城に出す。異論は認めない』
「うーん・・・・確かに、俺達でも洗えないけど・・・・」
ひらひらのドレスを見て、流石にナオは首を縦に振った。
「あと、料理は・・・・」
『姫様の手に傷がついたらどうするつもりだ!』
「んー、でも包丁使わなくてもミキサーとかフードプロセッサーとか、ピーラーとか、道具は色々あるだろ」
「粉を捏ねるところから始めたっていいじゃん! パン焼くとかさ」
「まあ、素敵」
先日、ランとナオが作った菓子パンを思い出し、エメラナは頬を緩めた。
「ええ。私、パン作り、頑張ります!」
『ひ、姫様!』
「ジャンバード、火加減をよろしくね。出来上がったらミラーナイトやゼロにも食べてもらいたいわ」
「姫様・・・・! なんと光栄な・・・・」
『お任せてください!』
感極まる二人の家来を置いて、ナオは冷静に話の続きに戻った。
「それと、買い物ももっと計画的にしなくちゃね」
「パシリって言いだした原因はそれか。まあ、確かになんでもかんでも頼むのは良くないな。
後は、ジャンバードが簡単に寄り道してくれるかだが」
「私からジャンバードに頼んでみますね」
エメラナは微笑みながら、紅茶のお代わりを注いだ。

クロスカウンター2

「兄貴!」
ナオが咎めるように一歩詰め寄る。
「な、なんだ?! どうした?!」
「もー、兄貴もミラーナイトをパシリみたいに使わないの!」
「え? あ、ああ・・・・ごめん。
じゃあ、今日はカレーじゃなくてなんか炒め物にするな」
「え?!」
なんだかわからないまま謝ったランだが、次のセリフに驚いたのはゼロだった。
「今日はカレーじゃないのか?!」
ジャンバードに張り付いて顔をくっつけてくる。画面いっぱいに広がったゼロの巨大な顔に、エメラナ達はびっくりした。なんかジュワジュワ言っているが、なんとなく言いたいことはわかる。ゼロはカレーが好きなのだ。
「いやー、ジャガイモ残ってるかと思ったらなかったからさ。ミラーナイトに買ってきてもらおうと思ったけど、なんかダメっぽいし」
ゼロが「行って来いよ!」と腕を振ってジェスチャーすると、ジャンバードの中でミラーナイトは困ったように肩をすくめた。
「私は別に構わないが・・・・」
「ダメ! 我慢するの!」
ナオが強硬な姿勢を示した。
「兄貴、便利なことに慣れちゃダメだってばあちゃんも言ってただろ? 俺達は開拓民なんだぜ!」
「そうだな。ま、料理は次の惑星で仕入れるまで在り合わせでなんとかするから別にいいけど」
その他日用品もランとナオに関しては問題はない。
「そうですね。私も、何時もミラーナイトに頼んでいたから、つい・・・・」
『姫様は当然ではありませんか!』
エメラナに至っては日用品も更には着替えも、全部決められた箱に収められていて、それを毎日ミラーナイトが鏡で送ったり送られたりしているのだった。まさかドレスをジャンバードの中の全自動洗濯機で洗うわけにもいかない。印章の入った手紙やらなにやらも、全部王宮で管理しているのだ。
「でも、私だってこうして旅をしているのです。自分のことは自分でやらなくては」
『ナオ、姫様のお着換えなどは、専従の者が用意しているのだ。宅配にしても、途中で盗難にあったらどうする。小物一つで姫様の名を騙る者が出てくるかもしれないのだぞ』
「そりゃ、そうだけど・・・・」
「ジャンバード、私、ナオの言いたいこと、少しだけわかります。このままでは私は、自分のことは何もできない人間になってしまいます。
決めました。私、自立することにします。お掃除もお洗濯も、私がやってみせます!」
『姫様!』
「姫様、おやめください!」
悲鳴をあげるジャンバードとミラーナイトのを放って、ゼロはランにテレパシーで話しかけた。
「カレーは?」
「当分なし」

クロスカウンター1

ジャンバードの自室の中、エメラナは一心に筆を進めていた。あちらの王族、こちらの大統領。宇宙警備隊のことを知ってもらうため、エスメラルダ王室の名にかけて親書を一通一通丁寧にしたためる。直接的な戦力にはなりえないが、自分だけにできる仕事があるということは、エメラナの自信になっていた。
手に持つ万年筆もインクも紙も、全てがエメラナの為に作られたものだ。だから。
「あ、あら? インクがもうなくなってしまったわ・・・・」
止む無く書きものを切り上げると、ブリッジに向かった。ランはおらず、ナオが一人でドラゴノガンを分解・清掃をしていた。
「あれ? 仕事もう御終い?」
「ええ、インクがなくなってしまったのです」
エメラナはブリッジの窓から、外でゼロ達と飛んでいるミラーナイトを見た。
「ミラーナイト」
「はい、姫様」
「申し訳ないのですが、私の部屋に行って、インクを取ってきてもらえませんか?」
「かしこまりました」
「ええ?!」
虚空に作りだした鏡の中に、するりと入るミラーナイトを見て、ナオが立ちあがって声をあげた。
「ど、どうしたのですか、ナオ?」
「インクだったらその辺で買ってくればいいじゃん! 幾らミラーナイトが鏡で移動できるからって、ここからエスメラルダにまで行くとか変だよ!」
「そう、でしょうか・・・・?」
『ナオ、姫様が使われている道具は、どれも姫様の為に作られた特別な物ばかりだ。それを使うことで、姫様がいらっしゃることを証明されているのと同様の効果をもたらす。その辺で売られているような物では偽造されてしまうからな』
「でも、筆跡とかあるじゃん?
あ、銀河宅配サービスで、次の惑星宛てに送ってもらったら?」
『私よりも飛ぶのが遅い船に運ばせるのか?』
「あ、あの・・・・」
二人のやり取りにエメラナがおろおろとうろたえる。
そうこうしているうちに、ミラーナイトが戻ってきた。元々エメラナに必要な物は全て管理している侍女達がいて、彼女らに言えば済む事なのだ。
「姫様、戻って参りました」
「ありがとう、ミラーナイト。
ねえ、私が貴方にこうしてインクや紙を持ってきてもらうのは、おかしなことかしら?」
「そんなことはありません! むしろ姫様に信頼されている証です!」
『わかったか、ナオ?』
いかにもなドヤ声に、ナオは声は出さずに唇を尖らせた。
そこへエプロンをしたランが入ってきた。
「悪い、さっき言ってたメニュー、変更・・・・
あ、ミラーナイト! 丁度良かった! 近くの惑星でジャガイモ買ってきてくれ!!」
【“クロスカウンター1”の続きを読む】

Secret of Rose 33

ゼロ達は、カヤキスの葬儀が済むまで、ローザ=ライマンにいた。
王妃と僅かな家臣が参列しただけの、簡素で寂しい葬儀だった。その王妃でさえ、黙祷の僅かな時間の後に席を辞した。
「お気の毒に・・・・もっとカヤキス王子の元にいたかったでしょうに・・・・」
「なんで王子の父さんは来なかったの?」
「王子は謀反を起こした罪人として扱われているのです。
あれだけの数の王族たちの身に危険を感じさせてしまったのですから、当然と言えば当然かもしれません」
「それに・・・・」
ラン達はヘルシングの事は話さなかった。これでベリアルと繋がっていたのでは、何も知らない王妃が可哀想過ぎるだろう。
(なあ、いくらなんでも、死んじまった子供の葬式ぐらい出てやれよ。なんでだよ・・・・)
ランの内側でゼロが呟いた。
「ゼロ・・・・立場があるっていうのは、辛いモンなんだよ」
「ゼロが何か?」
「ん、ああ・・・・カヤキスの事、心配してる」
「優しいのですね、ゼロは。
ですが、陛下も王妃様もお辛い心情を隠して、王子の処遇を決められたのです。
これから、国の立場も苦しくなるでしょうし、それに影響されて民達の生活や心情に悪い影響が出ることもあるかもしれません。
夜に涙を流されると思うと、とても心苦しく思います」
エメラナは地面を見つめた。王族として葬られることのなかったカヤキスだが、僻地の墓地にも美しく花が咲き乱れている。
「早くあのヘルシングって奴をやっつけようよ。
あいつ、ゼロ達のデータをカヤキスから受け取ってるんだ。それに、ベ・・・・」
ランは慌ててナオの口を塞いだ。
「そうだな。もう俺達がここに居たって、王妃様は辛いだけだろう」
「ええ。
他にも、こういった悩みを抱える方が罪を犯してしまうかもしれません。
その前に、防げることができるよう、働きかけなければ」
以前とは別人のように強くなったエメラナの言葉に、ランとナオは頷いた。


       終わり
【“Secret of Rose 33”の続きを読む】

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。